FC2ブログ

*番組などのお知らせ*


ヒトES細胞から機能的な下垂体ホルモン産生細胞の分化に世界で初めて成功(平成28年1月15日)

世界初! 理研と名大ES細胞で「下垂体」

《独立行政法人 理化学研究所のHP》(平成23年11月10日)
・マウスES細胞から試験管内で胎児の下垂体の発生を再現
・下垂体の立体培養で、下垂体ホルモン産生細胞の試験管内分化に成功
・下垂体移植による下垂体機能不全モデルマウスの再生治療に成功

5年以内にヒトの人工下垂体をつくり、動物へ移植実験に着手
iPS細胞にも応用でき、5年以内にヒトのES細胞などからの人工下垂体を動物に移植する実験に着手する予定
***********************************************
小児がんの新たなリスク ~明らかになる晩期合併症の実態~
2011年1月31日(月)NHKクローズアップ現代
子どもが亡くなる病気で最も多い小児がん。かつては不治の病とされていたが、医学の進歩によって、長期に生存できる子どもも増えている。しかし、命を取りとめても、抗がん剤や放射線に治療によって、成長後に「晩期合併症」と呼ばれる重い後遺症や障害を発症する実態が明らかになってきた。推計10万人といわれる小児がん経験者。厚生労働省が行った初の調査で、およそ半数が晩期合併症に苦しんでいる事が分かった。しかし、日本には、そうした患者を、医療的にフォローしていく態勢はない。番組では、晩期合併症と闘ったある患者の生涯を辿りながら、小児がんの新たなリスクにどう向き合うか考えていく。
***********************************************
いのちの約束 NHK「ドキュメントにっぽんの現場」を書籍化。
子どもの病死原因トップの小児がん。なかでも治療が難しい小児脳腫瘍治療の第一人者である、 澤村豊医師。命をつなぎとめるためにやってくる子どもたちに、一緒に病と闘うことを約束し、 決してあきらめず病と立ち向かう澤村医師の壮絶な日々を見つめるノンフィクション。
***********************************************
NHK総合テレビ(全国放送) 2008年12月2日(火)"クローズアップ現代"
知られざる悲劇 ~小児がん医療を問う~子どもの命が最も奪われる病気、「小児がん」。中でも、子どもの脳にできるガン=「小児脳腫瘍」は、死亡率が最も高いにも関わらず、専門の医師がほとんどいない。
専門外の医師の治療を受けた結果、命に関わる事態に陥ったり、重い後遺症を残したりするケースもある。
子どもの命を救うはずの「治療」が、認知障害・失明・歩行障害など取り返しのつかない重い障害を負わせかねない実態を明らかにし、子どもの命を守るための体制整備が急務であることを訴える。


2020年

2020年となりましたが、
今年の年明けは少人数で静かに迎えました。

20200107100121d0b.jpeg


4日は大勢集まりました😊 

20200107052320327.jpeg

うわ
久しぶりに恐怖半端ない夢みた😳

もふもふ暖かくしすぎたからだわ😵
のぼせた😖

怖かった
夢で良かった😭

それで、言うの言わないのどうする?的なLINEが現地から来たのだけど、、
流れやからね、わからんわ
って感じであしらっといたら
結局は流れでさらっと何気に話したらしく!!

気持ち的にはさっさと話してスッキリした!
らしい(´⊙ω⊙`)

お相手はわりと歳上なので?今のところ変化無しでわりとマメ男のままです(。・ω・。)

(。・ω・。)

それで、早速、週末に2人でお食事らしんだけど( ^ω^ )
それでそれで、早速、病気のカミングアウト的な話すべきか悩んでるらしい(´⊙ω⊙`)
いやいやまだ早くない?
どうなの???
おっとりでもおばかでもイライラしませんかみたいな事はしつこく確認したらしい(。・ω・。)

さてさて、今日は

娘は初のこんかつてきなあつまりにちょーきんちょうして出掛けて行き、
緊張のあまり、電話に掛けて来たので励まし( ^ω^ )
次男からも電話が鳴り、何かと思えば
ろくひゃくごえのこうきゅうしゃのけいやくをしますので一応お知らせします的な内容
(p_-)
今日は帰ったら色々だな…

防災無線

地区の防災無線?
に起こされた
水位が荒川の堤防超えるらしい
直ちに避難!と放送中
サイレンとかギャンギャン鳴っててキョワイ

それで、

うちの、「元、少年A」さん、退院して順調に回復中なんですが、
入院中は病院スタッフに元カノちゃんいたり(;゜0゜)仲良くなった入院患者さんが私の幼馴染だったり(;゜0゜)
驚き!の再会が複数ありましたが、
お見舞いに来ていただいた方々にも驚き満載で
会社の様々な立場の方々、営業所の皆さん、登録社員の皆さん多数、そして、取締役の皆々様(´⊙ω⊙`)、しゃっちょうさんまで(´⊙ω⊙`)
ちょっと、いや、たいへん驚きました(´⊙ω⊙`)
元、少年Aさん、次期営業所の長に昇格だそうで、、ほんまかいなと驚きますが、、
大卒社員しかいない会社にちゅうそつ社員も異色、ましてや30歳前後で所長だなんて、まさに前代未聞
本社にはチョイチョイ顔をだしていて、取締役の皆さんに対しても生意気態度な異色社員ですが、、怒られないのも前代未聞(´⊙ω⊙`) なにか別物と思われているようです。
異色過ぎて社員からブーイングありそうですが、、
契約社員からは慕われて?若い方から一回りもふた回りも年上の方々までも(;゜0゜)
このうえなく生意気ですが、皆さんから慕われるような仕事をしているということ、実感できまして(*´v`)見直してしまいました。

また、過去に登録社員の頃、会長さんに、「うちにあんな金髪の社員いるのか!ダメだろ!」(茶髪だったのですが(´・_・`)
なんて、叱られてしまった事もありましたが、、
今では会長さんの若い親族さんが直属の部下として配属されています。
たいしたもんです。

いろいろ安心したので、ちょっと高級な国産焼肉バイキングを元少年Aさんにご馳走してもらうことにいたしました(*´v`)

退院しました

やっとこさ退院致しました(ᵔᴥᵔ)

なんだかんだで

突然転院が決まり、家の近くで本人の職場からはなんと徒歩圏内の病院に移動しています(´⊙ω⊙`)

それで、24時間管理が必要だったので、
御茶ノ水の立派な病院に転院してもうて

立派でありがたいんですが、、
遠くて大変です(*´ω`*)
現在の閲覧者数: