FC2ブログ

これってどういうことかな?(性ホルモン)

私は娘の女性ホルモン補充療法について、正直あまりよくわかっていない。

『女性らしい体つきになる』
『骨密度を育てる』
『精神的に大人になる』


この3つくらいにしか興味が無い。というのが正直なところです。
(娘は赤ちゃんを生み育てることに興味があるらしい)

私は娘が赤ちゃんを生み育てることにあまり興味が無いからか、性ホルモンの補充についてはわりと柔軟に都合にあわせて調節してしまうことがあります^^;

ちなみに補充は毎月同じサイクルで
卵胞ホルモンを毎月1日~21日まで服用、黄体ホルモンを10日から21日まで服用し、
22日から両剤の服用をやめると、その日(22日)のうちに消退出血が起きる。
という感じです。
(*服用は朝)

ということで、生理が来る日は毎月決まっている為、学校行事などに生理が当たる月は卵胞ホルモンを月末まで飲み続け、黄体ホルモンは服用せず。で、生理を起こさないようにしている。
内分泌のDrは「あまりそういうことはやらないで^^;」とおっしゃる(融通がきかないDrなら叱られるのかも^^;)

で、今回は、23日にちょっとおでかけするかも。ってことで^^;
卵胞ホルモンと黄体ホルモンを23日まで飲み続けて24日から生理がくるように調整しようぜ!と思ったら、
22日の朝に両剤を服用したにもかかわらず、日中に出血があった(いつもより少ない出血)

どういうことなの?よくわかんない。
身体のサイクルができてきた。ということ?
娘の身体が頑張って学習した。ということ???

よくわかんない

きてしまいました

今月から、二次性徴を更に成熟させるための治療を始めましたが

卵胞ホルモンと黄体ホルモンをお休みして1日後から生理がきました(というと予定では今日ということになりますが、黄体ホルモンが20日までの分しかなかったので21日から補充を止めたので昨日の朝にきました)

初日はちょっと戸惑って『量が多くなってきて怖いから早く帰ってきて~~』とメールをよこしました^^;
「量が多くなっても問題ないから大丈夫^^;」とあっさり返しておきました。


体調は、『お腹が痛ーい』といっていましたが、少し慣れてきたようです。

やはり^^;

昨日はMRI検査だったので、内分泌にいって主治医の先生に相談してきました。

その結果
身体の中の発育の治療も始めた方が骨年齢をあげる為にも良い(現在13歳弱)ということになり、面倒な^^;治療を始めることになりました^^;

卵胞ホルモンのプレマリン(1錠0.625mg×1~2錠)を毎月、1日~21日まで
黄体ホルモンのプロベラ(1錠2.5mg×2~4錠)を10日から21日まで。22日~月末までは2つとも服用を止める。

2剤を中止してから1~3日後から消退出血が3~5日起きるそうです。(めんどくさそう^^;)

1日ずれましたが、今日から黄体ホルモンのプロベラを2錠から開始しました(プレマリンは今月は1錠で来月から2錠)
ということで、今月からスタートということになりますが、生理がくるのもめんどくさい^^;
体調も悪くなるしねぇ。。

それに、うちは人数が多いのでお風呂の問題がっ!
いままで娘が一番で入っていましたが、生理中は最後に入らなければだけど、それは時間的に無理。
夏はシャワーでガマンするとしても、冬はねぇ。。

「いろいろめんどくさいね。やっぱりやりたくないと言う?」
と聞いたら
『だってそれやらないと将来子供が生めないんでしょう?』
というから
「うん。まあそうだけど、18くらいからやっても遅くないといってたし、、子供なんて生んだって育てるの大変だよ~~地球の未来だって厳しそうだしさぁ~~^^; 子供なんて生まなくてもいいんじゃない?」
といってみたら
『うーーん。。。その決断を今しろといわれてもぉ・・・』

ということで^^;
とりあえずはやってみるということで、がんばりましょうー

少し急激に性ホルモンを増やすのでので、身体がビックリするかもしれないということで、体調管理は慎重に。ということでした。



さあ、魅力的な女性になっていこう!

さて、
娘の性ホルモン治療ですが

卵胞ホルモンのプレマリンを、
2008年8月より、1錠0.625mgの0.5錠分(0.3125mg)から開始。
2009年3月より、1錠0.625mgにしました。

2009年8月現在、娘の身長は158.5cmとなりました。

娘と話し合い、もう身長は充分だということになり、先日、専門家のご意見を伺ってきました。

その結果、思い切って
成長ホルモンを毎日0.4mgにして、
卵胞ホルモンのプレマリンを2錠(1.25mg)に。

狙いは、身長の伸びを止め、女性らしい体つきになる!こと。

将来、子供を授かる為の準備としての身体の中の発育についての治療はもう少し後にすることにしました。

そういう選択をすることは少し珍しいかもしれませんが、
とりあえず2年くらいは”女性らしい体つきをゲットしよう!”という方針でやってみようと思います。
もちろん、それには気合を入れたダイエットも必要であります^^;

性ホルモン治療を始めました。

8月8日から女性ホルモン補充療法開始です。

「卵胞ホルモン」の”プレマリン” 
始めなので、1錠0.625mgの0.5錠分を毎朝(1日1回)服用します。

性ホルモン治療を始めたら、成長ホルモンは少なくなるのかと思ったら、
成長ホルモンは、それまでと変わらず毎晩1.4mgのままです



★☆娘のホルモン補充のお薬☆★

①コートリル(副腎皮質ホルモン)・・・朝10mg、夜5mg
②チラージン(甲状腺ホルモン) ・・・朝75μg
③プレマリン(卵胞ホルモン)   ・・・ 朝0.3125mg
④成長ホルモン注射        ・・・夜1.4mg
⑤デスモプレシン(尿を止めるお薬)・朝、夜0.03ml(1日2回)



★①②⑤については、丁度、3年前の手術後からずーっと変わっていません(⑤のデスモプレシンはほんの少し増やしています0.025ml→0.03ml)
が、定期的な血液検査ではとても安定した数字がでています。

体重は、、始めの処方の3年前から、プラス25キロオーバー!!

★身長は、プラス21cmくらい(成長ホルモンの補充は術後3ヶ月からなので、2年9ヶ月間)

★ですが、定期的な血液検査ではとても安定した数字がでていますし、本人の体調も良好です。

ホルモン補充療法の影響と思われる症状で、始めてから一番困ったことは、
自慢の細くて茶色でサラサラヘアーが、、太くてゴワゴワの縮毛になってしまったことでした。(開頭手術でしたが、髪の毛は剃っていません)

それが最近は落ち着いてきたのです
美容師さんも初めの頃とずいぶん違うと仰っていました。









現在の閲覧者数: