FC2ブログ

帰ってきました。

少年Aが帰宅しました。

9時にメールをすると

おはよう。起きてますか?こっちはおかげさまで寝不足です。

昨日の夜から電源切れてた。今帰る

と、返事が来たので朝食を用意して待っていましたが、帰ってこず。

11時近くにまたメールをした。

明日行かないの?(明日は嵐山渓谷に遊びに行く。珍しく少年Aも行くと言っていた)

すると電話が来た。

Kくんの家ではなく、少年Aが慕っている保護観察つき少年の所からだった。

いつか帰るよ

というのを、帰ってくるように説得。

10分後帰宅した。

お帰り
と言って、食事の世話をする。
ピザトーストを焼いて、アイスコーヒーは彼の好みで甘めにつくる。。。
あとは、みんなの朝食の残りを、携帯をいじりながら無言で食べる少年A...

私は甘いのか。
ひどいのか。
よくわからない。

帰ってこず。

昨夜、出て行った少年Aに、何度メールしても返事はなし。

電話をしても、留守番サービスにされていた。

何度かけてもダメ。

帰るまで寝ないで待ってるからね。

と、最後にメールして
電気をつけたままリビングのソファで寝た

でも、やはり少年Aは帰ってこなかった。

ため息。

あーぁ。

今ね。
少年Aに

どこかに行って!と言った。

したら、「ラッキー」と言ってどこかに行った。

説明すると
少年Aは、暇だとyuutoをからかって遊ぶ。。。
yuutoは空手boy。
少年Aは少林寺拳法初段で、柔道少年だった。
で、二人のじゃれ合いは凄まじい、、、
皮下脂肪がほとんどないtuutoには、少年Aのパンチやら何やらが効きすぎて、時々う”っ、うぅ~、うぐぅ~とうずくまる。

私は、それが凄く嫌で嫌で、、、怒る。

さっきもそうで
もう、いいかげんにして!部屋に行って!
と言っても
なぜか行かない(いつもそう)

腕を掴んで追い出そうとしたら
触るんじゃねぇ
と切れた。

そんなことを繰り返し

とうとう

どこかに行って!

と言った。

たぶん
K君の家に行ったと思う。
K君の家は祖父母の家で、おじさん一家と暮らしている。
K君の部屋は離れ?かなんかで、出入り自由。
少年たちの溜まり場。
干渉する人は居ない。
少年Aは「憩いの部屋」と呼んでいる。


はぁ。
帰ってこないかもな。

去年。

実は、昨夜はいろいろ考えて暗~くなっていました。
眠れないので、ブログを書こうと思ったけど、どんどんネガティブになっていくので止めました。

というのも、娘の手術からそろそろ1年を迎えます。

去年の今頃は、思い出づくりで忙しかったです。

少し写真を紹介します。

まずは、Disney sea に行ったときの

Disney sea 。


チップ?デール???


この時はランチを奮発!
豪華客船?なレストランで、コースをいただきました
夜も、素敵な水上花火ショーを満喫しながら、私は少し切なくなったりして、、、
娘はとても楽しんでいた様子だったので
良い思い出ができて
これで、もし、何かあっても、、、
な~んて、覚悟みたいな
そんなことを思ったりしてました。


そして、軽井沢のペンションにも行きました。
とても素敵なペンションで、廊下や階段の壁にはアートな絵が飾られていて、食事もオーガニック野菜を使ったとてもオシャレな、コースでした。
母は大満足!
大変癒されました。

トリックアート。

これは、トリックアートギャラリーだったかな?に行ったときの写真です。
yuutoがノリノリでした。
なりきっています。
かに。

恐竜。

あっ!


そして、牧場にも行きました。
うさぎ。

娘は、いつまでも子うさぎを撫でていました。

と、
去年は、10日ほどの間にあちこち行きました。

100㎡スイート体験宿泊。

先日、ケーブルテレビの利用者対象に
<リゾートまるごと別荘計画 体験宿泊1泊2食付3980円>
ってのに応募した。
会費を払って、全国7箇所にある施設を自由に使えるシステムの販売促進キャンペーンらしい。
会員制のリゾートクラブ会員権?かな?

応募条件は
★これからもっと人生を楽しもうと思う。
★これまでに一度でも別荘でもあったらなと思った事がある。


夕方電話がきて
ぜひ、利用してくださいだって。
現地で説明会があるらしいのです。それちょっと、、、

どうしようかな?
応募したのは勝浦。海見える素敵なお部屋。

どうしようかな。

詳しいパンプが送られてくるようです。

どうしようかな。

男化?

実は、最近、悩んでいることがもう一つ。。。

前に、月からの使者のお話で、不順???って思ってたけど、
Kさんの知人に聞いた話によると、左右交互に排卵するので、各月で周期が違うのは、どちらかが老化してきてるのかも?らしいのです。。。

それで、今月は、27~28日の予定が、、、なんと、24日。。。
ってことは、まだかった方も老化が始まった???

それでね。腕なんだけど、、、ある時から(最近)ブツブツなって、鳥肌みたいに、、、
乳液を変えたから?やだ~!
なんて思ってたら、ウブゲがたくさん生えてきて、、、今では、二の腕にまで、、

そして、すね毛が、、、黒いすね毛が、、、今までウブゲだったはず、、、

なんか。
男化してる?
女性ホルモンが減ってきたの???

超。超。ブルー。。。

すっきり!

このところ
じとじと雨で、どんよりしていましたが、お昼近くから突然晴れて、
よっしゃ!
と、気分も上がって、少年Aの部屋を掃除!
入ってくんな!
と、生意気を言うので、ほっといたのですが、、、
床に服が散乱!!!
掃除もしない床に、、、

言うのも疲れたので(言ってもやらないので)
やっちゃいました!

あ~スッキリ!

少年Aは、定時制の学校の説明会に行っています。

ずーっと悩んでいること。

タイトルをみると、心配事かな?
っと思った?

ごめんなさいね。
そうではなくて、お財布の話です。

うちの姉。
最近、風水に凝っていて、いろいろやっているようなのですが、先日、ちょっと早いけど、誕生日プレゼント
と言って、お財布をくれたの。

それが、これ。
ヘビ皮の財布


へび皮の財布。。。

お金が入るんだって。

そりゃあね。あなたがこれを持ってもおかしくないけどさ(自分のも買ったらしい)
どう?
私にこれを使えと?
とりあえず、ありがたく貰っておきましたが、、、
恐る恐る、私がこれをもってっておかしくないかな?と聞いてみたが、
「なんで?」というお答え。


試しに長男に聞いてみた。
お母さんがこれを持ってて変じゃない?
「。。。ど、どうだろうね」
だ、だよね。
理解を超えていて、困ったな。

と、言うわけで、いつから使おうか、いまいち勇気が出ないのです。。。
と、悩んでいるのです。
皆さんなら、使う?
私がこの財布を使ってたら驚く?
真剣に悩んでいます!

寂しいなぁ。

今日から、yuutoが空手の合宿です。

といっても、明日には帰ってくるのだけど、寂しいな。

最近、ハグハグしまくっていたから(表現変?)居ないとつまんない。

はは(アホ?読み流してください

今日はすんごく暑かったけど、大丈夫だったかな?

ケガしないで帰ってきてくれると良いけど、どうかな?


今日は、それもあるけど、いろいろナーバスなことがあって、しんみりしています。

そんなわけで、おしまい。

悲しいおばさま。

うちのお隣のおばさま。

家の境界のことで、いろいろ言ってくる。

ブロックで仕切ってあるのだけど、そのブロックよりも10cmくらい境界が我が家側(おばさま側じゃなくて、こっち)にある。と言うのだ。
ブロックが動いたとでもいうのか・・・
反対となりの家にも、
ブロックを押しているでしょう!昔とは明らかに移動しているのよ!
と言うの。。。

今朝もその話。

最近、私道の舗装したのだけど、今度は、私道のことでなにやら言っている。
私の車が少し私道にはみ出しているのが気に入らないらしい(家は一番奥)
おば様だって、自分の家の前の私道に自転車を置いている(堂々と)

私は逆らうつもりは無いけど、ちょっと参っちゃう。

いつもは流しているうちの母も、今日はテンション高いなー。。。

そして、隣のおばさまは、
野あざみさんが知っている。野あざみさんを呼んで!
という。。。
私が家の境界の何を知っているというのか。。。
前にもそんなことを言ってたな。

今日は近所中が出てきて、大騒ぎになった。
私道は皆のものだから。
自分の家の前をその家の持分にしてしまうと、私有化してしまうから、皆、人の家の前を買ったことになっている。
その、境界線を引いてもらおうというの。
ちゃんと、法務局にはそれが図面で記載されているのだから、良いと思うのだけど、、、

他にも、いろいろ言ってくる。
コンクリートを削ったでしょうとか、ブロックを削ったでしょう。
とか。
(してません!ってば!!!)
もし、していたとしても、自分の家を壊そうが何しようが、おば様には関係ないでしょう?ねぇ。

最後には地主さん(もともとここの土地を持っていた人)に怒られてた。

あんた!いい加減にしなさい!
ブロックが動くとでも言うのか!
馬鹿なことを言ってるんじゃない!


あらら。
困ったねぇ。。。

呼び出しの結果。

行ってきました!

校長室に入る前に、恐~い教頭先生が来て、精一杯低姿勢に「お世話になります」見たいな事を言って、ビビッてたら、
なんと。
と~っても。と~っても。お優しくて。
「どう?テスト出来た?」
「ちょっと太ったかな?」
「その方がいいかもしれんな」
「眉毛も生えてきたし」
「頑張れよ」
と、ニコニコ(逆に恐いって?)

担任の先生は、家庭訪問のときは、ざっくばらん でしたが、学校では、ビシッと厳しい。
学年主任の先生は言葉や表情は厳しいですが、とっても協力的。

そして、いざ、校長室へ。

「失礼します!」
と、入室し、校長先生に向かって、全員が挨拶(総勢7~8人)
「○○○○○○○○!」(言葉を忘れた)
まず、それに圧倒される(2度目だが、慣れない)

そして、息子が校長先生の前に呼ばれて、直々にお言葉をいただく。
いろいろ諭してくださった。
中で、ちょっと気になったこと、、、
「中学のころにいろいろあったの?」(娘のこと?)
息子は「はい。遊んでました」と答えた。。。
ちょっと。ちょっと。。。とほほ。。。(母の心)

「先生方にはなかなか素直になれないのか」
の問いかけに「あ。いや。はい。そういう事もあります」
それには、担任の先生が、
おいおい。頼むぜ。(微かにため息が聞こえた)
校長先生は
「そういう年齢であることは、重々承知していますが、・・・・・・頑張りなさい」
と、と~っても寛大なお言葉をいただき。
「今日で解除します!」
そして、全員で「有り難うございました!」

校長先生が私のところに来てくださり、これからも家庭で協力をお願いします。などなど言われ。
「はい。この度はお手数をおかけしました。有り難うございました」
とご挨拶。。。(ど。緊張)

そして、促されて退室。
息子が先にドアを出て、くるっと回って「失礼します!」と、お辞儀をして退室。。。
ビックリした!!!

退室後、教頭先生。生活指導の先生。学年主任の先生。担任の先生。
と、
順番に、いろいろ、暖かく。気持ちのある指導いただいて
(この夏休みの過ごし方で君の人生が決まると思って、考えて過ごしなさい)
(弱い自分をいかにしていくか)
(今後起きるすべての不都合は自分の責任で乗り越えていきなさい。)
とか、いろいろ

なんか。感激!
なんて良い先生方なの

息子はそのまま学校へ残し、私は帰宅。
今学期は他の生徒より早く、職員室登校ですが、皆と教室で授業を受ける事になりました。
一段落です。

呼び出し。

本日。
すべての期末テストが終了したと同時に、学校からの呼び出し。

「明日。午前8時。校長からお話が・・・・・」

悪い話ではないと思いますが、緊張しますねーーー。。。

ま。

ガンバリマス。です。

場面緘黙症。

娘の場面緘黙症についてコメントをいただいたので、
少し書いてみようと思います。

その方のブログから、お借りします。



緘黙とは...
本来、話す能力をもっているはずなのに、なぜか学校や園で口をきかない子どもがときどきみられる。通常、教育や教育相談の分野で「緘黙」、あるいは「緘黙児」と呼ばれる子どもは、そのような子どもをさしている。 
彼らは、本来、話す能力をもっていながら、もっぱら心理的原因によって、特定の場面で緘黙という態度をとる。例えば、それらの子は家庭では普通に話していながら、なぜか、学校場面では口に蓋をして黙してしまう。
このように、特定の場面や状況におかれたときに話さなくなることから、そのような緘黙を場面緘黙、あるいは選択的緘黙という。
(「場面緘黙児の心理と指導、河井芳文、河井英子著」冒頭より)


付け足すと、「緘黙児」だった母親の子供に多く見られる


私も、小学校の3~4年生まで場面緘黙児でした。
(あまり信用されませんが、、、)
でも、娘の方が重度だと思います。

娘は話さないもありますが、
表情が無いのです。
人形にように無表情です。
学校では、私に対してもそうです。

専門家の方が発表しているなかで、お借りした資料の中にもあるように、心理的原因とか、心因性のものという記述をよく見かけますが、
私の場合も、娘の場合も、心因的な原因は全く思い当たらないのです。
専門家の方に言わせると、何かショックな出来事があった と、いうことになっていますが、そういうのは全く無いのです。

あ。それと、赤ちゃんの時から、人見知りが激しい傾向にある とも言われていますが、
それについては、全くその通りで、
娘は、顔を見られただけで、「ビエ~」っと泣いていた。
せっかく、笑顔で話しかけてくださるおばさん達に申し訳なくて、、、
(ゴメンナサイ!お願い!話しかけないで)
と、いつも心の中で思ってた(話しかけたそうな人って判るでしょう?)

3歳になってすぐに保育園に入った時に
お友達と話すことが全く無いことが気になりましたが
娘は、それまで病気がちだったし、私がショップを始めたばかりだったこともあって、公園に連れて行って遊ばせるとかをあまりしなかったせいかな?
と思っていました。
保育園の事情で、3歳の誕生日を迎えていたので、ひとつ学年が上のクラスに入ったこともあって(一人だけあかちゃん)圧倒されているのかな?
みんなも優しいし(赤ちゃん扱い)

くらいにおもっていました。

でも、次の年に同じ年の子供たちと同じクラスになっても
周りの子供たちと話をすることはありませんでした。

それは、保育園を卒園するまでそうでした。
だから、時々、娘と私が話している様子を見た子は、とっても驚いた顔で見ていました

そして、小学校でもそうでしたが、
学年があがるとともに、発表とかは、一応、声に出してできたり(聞こえるかは別として)

あ。思い出した。
6年のとき、国語の授業で、娘が音読をして終えたとき、突然、隣の席の男の子が
今、聞こえました
って言ってくれたんだって。
みんなに聞こえる大きな声で。
感動したな~~~

おっと、脱線したかな?

随分、長くなってしまったな。
今日は感動したところで終わりにしよう。
嬉しい気持ちになったから、よかったな。
長々とお付き合い。ありがとうでした!

期末テスト。2日目。

今日も無事に(一部無事じゃない。倫理って言ってたかな?)テストを終えて
数学の先生に特別授業をしてもらって
音楽の授業でやった音楽鑑賞をやって
帰ってきました。

それでね。
数学の先生に褒められたそうだよー。
手ごたえが違うって。
おまえがこんなに出来ると思わなかったって。

実は中間テストはひどかったの(赤点ではないけど)
だから、勉強もダメだと思われていたの。
連立方程式が沢山でたんだって。
それって、普通は点数が取れるボーナス問題だよね。
でも、彼はコツコツやる計算が苦手。
3回やれば3回違う答えになるんだよねー
と言う。
だけど、関数は得意で、塾では関数博士と呼ばれていた。

そして、今度のテスト範囲が関数の進化版?『平方なんとか』
授業を受けていないので、ちんぷんかんぷんだと言っていたのだけど
今日教えてもらって、2問で理解して、3問目で確認できたらしい。
先生が
「手ごたえが違う。お前はやれば出来るんだな」って言ってくださったそうです。
そして、同情?してくださったって。
「ここの校則は頭髪が厳しいよな」って。
「俺だって切りたくないもんな」って。

何が言いたいかというと、
服装も、態度も、勉強もダメだと思われていたのだけど
担任である『英語』の先生は息子を認めてくださり、協力的。
そして、今回は『数学』の先生が協力的になってくれた。

なんか。
良い方向に行ってないかい?
ちょっと期待しちゃうんだけど。。。

実は
少年Aは
頭髪の自由を求めて、定時制(昼間)の学校へ行くつもりになってるの。
編入資格は
単位が無いものは
『9月末まで高等学校に在籍していること』
それで
何が何でも、9月末までは頑張るのだそうです。

ねぇ。
複雑でしょう?
本人はすっかりその気なの。
困ったねぇ。。。

期末テスト。1日目。

今日は、少年Aの期末テスト、1日目です。
1時間目・英語
2時間目・生物

午前中で帰るはず。
愛情を込めて
ごまだれの野菜たっぷり<冷やし中華>を作って待っていましたが
帰らず、、、

午後からは
次男の授業参観に行って
懇談会はちょこっとだけ出て
帰ってみたけど
やはり、少年Aは帰ってない。。。

遊びに行っちゃったのかなぁ。。。

諦めて、買い物に行って、帰ったら
少年Aの靴があった。

「おかえりぃ 何してたのぉ?遅かったねぇ」

そしたら
「あぁ。勉強教えたもらってた!」

「えっ?だれに?」

「先生だよ!数学とか。また明日教えてくれるって!弁当もってこいってさ」

だって。
他の先生にも受け入れていただけたようです。
「あの。もしよろしければ、勉強を教えていただけませんか」と、頼んだんだってちょっと、嬉しい。。。

今日のテストは、意外と出来たそうです。
赤点は無いよ。
と、言っていました。

復学。

少年Aの担任の先生はとっても熱心な先生で、
アホな少年Aの為にいろいろ考えてくださって、
動いてくださって、
まめに様子を見に来てくださって、
明日から復学できるかもしれなかったのですが、、、

少年Aは、そのご好意に報いる事ができず、、、
と言うのは、
あまりに勉強をしていなくて、、、
これでは、他の先生方を納得させられない!!!
と、(勉強ノートを提出するのだけど、書く勉強をした事がないので、ノートが埋まらない)
あと、1週間で、1か月分やれ!
と。
息子は
やる。
と言って、月曜からはやっているようですが、よく判りません。
先生からは、
お母さんは何も言わないで。本人の事ですから、本人に任せてください。
と言われたので、放っといています。
明日は、英語と生物のテストですが、おそらく、生物は全く勉強していません。
これからやるようですが、一夜づけ?1か月分?2か月分?授業も受けていないのに???

そして、明日は、久しぶりに登校します(職員室に)
反省している様子が見えないと言われそうだなぁ。。。
そして、また、担任の先生を困らせるのかなぁ。
もう、申し訳なくて、、、
言っても、通じないの。
アホで嫌になる。。。
担任の先生の前では、素直なんだけどね。。。

アホ息子よ。
あなたは何様?

きっと、俺様。って言うよね

溶連菌感染症。

娘は先週の火曜日に熱を出して(39度以上)
翌日は38度に落ち着いて
その後に下がったのに、また金曜日に微熱をだしたので、おかしいと思っていつも内分泌でお世話になっている病院に行ったのね。
そしたら、溶連菌が流行っているので調べてみましょうっていわれて、
溶連菌?
そういえば、長男が幼稚園の頃に流行って、大騒ぎになったな(幼稚園児の親は専業主婦で暇だから、些細な悪い情報も大げさに騒ぐ)っとそんな事はどうでもよくて
調べてみたら、ビンゴ!
溶連菌ですね^^だって。

それで、今飲んでる薬がこれ。(朝の分)
朝の薬たち。


いつもの3粒に、溶連菌感染症の薬たち。
娘は薬を飲むのも馴れたものです。ちょっと前までは、小さな薬も「おえっ」っとなりながら、悪戦苦闘していたのにね。
明日も小児科です。
溶連菌が消えていたらいいな。

今日から7月?

もしかして、今日は娘の誕生日だ。
13歳?
わぉ

そういえば、数日前に「誕生日プレゼントは何?」とか言ってたな。

ケーキはどうする?
この時期はイチゴが売ってないので、いつも買っちゃうのだけど、どうしようかなぁ。。。

去年の今日はどんなだったのかなぁ。。。
誕生日に撮った娘の写真を先生に送ったので、手術が決まっていたのかな?
あれから、1年か。


祝。13歳。


結局ケーキは買いましたちょっとケチちゃった?




現在の閲覧者数: