FC2ブログ

yutoの誕生日でした。

12月27日(土)。
yutoの14歳の誕生日でした。

画像 258
うっかり仕事を入れてしまったので、大急ぎでつくって、、、こんなんなりました^^;



画像 265

すっかり大きくなりました^^;
部屋が散らかってます^^;

中学校の先生に物申す。

ちょっと書いちゃう。

yuto は今学期末テストを頑張り、特に英語の点数が20点以上あがった。
それを教科の先生が評価くださり、結果、内申点が2段階あがった。
皆さんの前でも、頑張った例として、匿名で紹介された。

yutoは気合で頑張っていたので、大喜び^^
私もとっても嬉しく思っています。

実は、
「自分は勉強しても思うように結果が出ない」ことで、兄と比べ、自信をなくしていたところでした。

「yuto。ちょっと勉強したからってそんなに一気に点数は上がらないよ。」
「よっぽど頑張らないと。」
「まだまだ勉強足りないよ。」
と、言いましたが、
「たっくん(兄)と兄弟なのに、なぜ自分はダメなんだよ」
といいます。

と、落ち込んでいたので、またやる気が出たようです^^

さて、ここからが本題です^^;

兄がちょうど今のyutoと同じころ、
やはり、同じく2年の夏期講習から塾に通い始めた。
それまで、英語が得意ではなく、やっと平均点ちょい。というところ。
そこで、英語に力を入れて、
2年の2学期末テスト前に毎日遅くまで勉強し、学年平均点+25点という結果を出せてとても喜んでいました。
当然、内申点も期待していました。

ところが、
内申点は下がって、”2”
兄は何も言いませんでしたが、努力を見ていた私は
怒り心頭^^;
まあ、でも、怒りを抑え、
とりあえず担任の先生に事情を話し、教科の先生に”2”になった理由を教えていただきたいと伝えていただき、
その後理由を聞くと、
「授業中に寝ています」
と、授業を受ける態度に問題があるとのこと。

そういわれてしまうと仕方ないし、寝ていた息子が悪いので、親として息子の態度を謝り、
「家では毎日頑張っていました」と付け加えることはモチロン忘れませんでしたけど!

ここで紹介した兄とyutoのことは、
どちらも(3学期制の)2年の2学期末の、英語の内申点の結果です。
yutoは、”4”をいただきましたが、”2”をいただいた兄の方がテストの点数は当然高いです。

ちなみに、yutoの体育の内申点は”3”です。
今の体育の先生になってからずっと”3”です。
yutoは運動神経がとてもよく、体力テストなどは驚くような数字をだします。
ペーパーテストは普通です。
周りとの協調性もありますし、課題にまじめに取り組みます。
他の先生もyutoの長所として、特に毎年担任の先生に褒められる部分です。

なぜ、”3”なのか。毎回とても不思議です。

内申点に不満をもっても、先生なりの理由があるといわれれば、「そうですか」というしかないし、
文句をつけたところで替わることはないと思います。

そして、
今は、
内申点が高校受験に直結し、
子供たちの将来に大きな影響があるのです。

特に、
”いいこぶる”ことが格好悪いとかっこつけてる思春期の男の子は、内申点がわるく、公立高校の受験はとても不利です。

冬季講習が始まりました!!

昨日から、娘の受験対策冬季講習が始まりました!
13時30分~18時20分まで。5教科。
塾の近くまで車で送り迎えをしています。

昨日はなんとか無事に最後まで参加することができましたが、さすがにグッタリ。
帰るなり、クリスマス用に特別に用意してあった炭酸飲料(カロリーOFFタイプ)を1杯飲み干し、「はぁーーー生き返った~~~」でした^^;

実は仕事の都合で24日にクリスマスらしきことが出来なかったので、昨日にケーキなどをつくり、それらしい夕食を準備したのですが、
yutoは娘と入れ違いに冬季講習に出てしまうし
兄は、ここ1ヶ月ほど?もっとかな?連絡をとっていなかった元カノ^^;とお食事に。
というわけで、我が家にクリスマスムードはほとんど無しでした(飾りつけも去年から無しです^^;)

それでも、娘の希望で用意した、クリスマスらしい食事を2人でいただき、ご満悦の娘が突然”ため息”
どうしたのかと思ったら、
塾からの宿題があるそうで、、しかも、、5教科全部。当然、翌日まで。
やっぱり塾は甘くない。
ということで、年内あと3日。がんばれるのかな???

単位制の高校の見学会にいってきました。

夏ごろから始まった各学校の説明会も、そろそろ最後となり、
志望校の最終決定の時期になりました。

今日、いってきた高校も、全7回の説明会で今日が7回目の最後の説明会でした。
来春の募集人数は、
Ⅰ部(午前の部)前期募集・約40名 後期募集・38名

きめ細かい対応ができるよう、1クラス20名に設定されている。
教育相談員、スクールカウンセラーが常駐されている。

予想していたとおり、不登校を経験しているお子さんが多く、車椅子で生活されているお子さんも数名いるとか。

過去に記事になった新聞のコピーをいただきました。
「不登校克服 巣立ちの春」

記事にも、不登校経験者が多く通う高校。と紹介されていて
今年の春、3年間で卒業した、第一期生の記述がありました。
”小学校高学年から中学校まで不登校だったが、ここの学校に進み、様々な境遇の生徒に囲まれて生活するちに、自分は恵まれている。と感じるようになった”
という内容。
今は、大学生。

現在3年生の生徒さんは
”周りには優しい友人が多く、先生も自分のことを認めてくれた”


やはり、ここの学校を志望することに決めました。
娘は、「部活動に参加してみたい」「友達をつくりたい」と、希望をもって帰ってきました^^

ちなみに、個別相談は設定されていなかったので、無記名のアンケート用紙に、ちょっとアピールコメントを書いて、学校名と名前を書いて提出してきました^^;

夕方から塾なので、今は休んでいます。

明日は福祉専門学校にいってきます。

というのは、
ご近所の脳腫瘍仲間?である、jiveさん(笠原健一さん)が、学生さんに講義をされるとのこと!

しかも、
福祉専門学校の児童福祉学科「療育指導」

ひそかに、娘には児童福祉の道に進んでほしいと思っていたわたし。

”もぐり”の学生さん歓迎とのことで、
明日は仕事も休みだし! 行くっきゃないでしょう!
ということで、学生さんに混じって(って、混じれないので)隅っこのほうで拝聴してきます^^;

詳しくは、リンクにある 『余命宣告.com』 をご覧ください。

場面緘黙からの脱却の兆し???

娘は ”場面緘黙” で、学校ではほとんど話をしません(声を出さないといった方があっているかな)
感情も出さないので、笑わないし、怒らないし、無表情、、
詳しくは、2006年7月10日の日記に書いています  
http://haruusagi.blog17.fc2.com/blog-entry-276.html  (貼り方がわからず、飛べなくて申し訳ありません、、)

その日記の終わりに書いた出来事からいままで、学校での緘黙については特に大きな成長は感じられなかったのですがっ。
先日の 国語の授業で 教科書を読むように指名された娘は
なんと、自分でびっくり!

普通の声がでてしまい 自分ながら驚きつつも そのままの声で読み続け
教室が異常に静まり返るのを感じ 動揺しつつも 最後まで普通の声で読み通すことができた。


という出来事を報告してくれました^^

なんというか、
感想がでないほど嬉しいです。

国語の先生(長男のことも良く知っている。娘のいろいろな事もおそらく理解くださっている)の反応が気になり、娘に聞いてみました。

ふつ~に
「はい^^ 真面目に読んでくれたので皆さん良くわかりましたね^^」
だったそうです^^

本当になんといっていいか

娘の場面緘黙のながい歴史

私への偏見もいろいろありました(虐待疑惑^^;)(おまけに身体の成長が著しく悪かったので尚更です^^;)

小学校の授業参観は発表物が多いでしょ。

個人の発表のときはまだ本人だけの問題ですが、学年が上がってくると、班でまとまった発表をすることが多くなって、、、

発表前の話し合いにも協力できない
本番の発表でも協力できないばかりか、、、、、、、

周りのお母様たちの視線が、、、、、、、

などなど、、、、、、、



とにかく、静かに今後に期待しています(前にも書いたことがありますが、私も小学中学年まで場面緘黙児でした^^;)


一歩前進。

娘の数学の補習授業(塾)にいってきました。

私からの課題は、「せめて連立方程式を完璧にしたい^^;」
とのことで、初歩から教えていただきました。
理解はできているのですが、マイナスとプラスがこんがらがってしまうようでした。
しっかり2時間がんばってきました。
来週も続きます。

そして、兄の高校卒業認定試験の結果が送られてきました。
物理と科学の2教科を落として、その2教科は再チャレンジとなりました。
心配していた数学は合格していました。
各教科の点数などの詳細は無く、合否の結果のみの通知でした。
次回の試験(8月?)までアルバイトを続けて、その先の目標に向けての勉強と両立していただきましょう。
やる気があるのかは、不明です、、
やらないのなら、yutoに部屋を空け渡し、自立の道へお進みくださいませ

さて、yutoですが、先日の期末テストで、1教科以外は全て目標をクリアしました^^
大きな声ではいえませんが、目標というのは、、学年平均点です^^;
しかし!
yutoにとってはとっても頑張ったと言ってよい結果です^^;

塾でのおはなし。

先日、yutoの通っている塾に、娘の受験対策の相談にいってきました。

娘の成績の資料をみていただき、率直なご意見をいただきました。

結果、
公立高校は大変厳しい(数学の内申点が致命的)

ここの県の公立高校の入試は、前期と後期の2回行われ、半分以上の子が前期で合格が決まります。
前期入試は、内申点重視+作文と若干の学科テスト+面接
後期入試は、内申点+5教科の筆記試験(重視の比率は、学校のレベルによって変わります)

娘の志望校の過去の合格者のデータによると、
前期入試では、内申点が足りない。
後期入試にかけるとするなら、現段階で、5教科の筆記テストの合計点は合格ラインに足りている。
内申点が足りない分(致命的な数学の内申点を補うためにも)数学は捨てて、4教科の合計をあげるしかない。

ということで、
皆とおなじく(一番下のクラスで)7日間の冬期講習を5教科やることになりました。
ただ、数学の授業は理解が難しいだろうとのことで、冬期講習の前に、2日間(2時間程度ずつ)個別に補習をしていただけることになりました。

なんだか、受験生っぽくなってきました^^;
ファイト!です。

進路について。

11月29日に学校訪問してきた学校は、
親の代(私が学生だったころ)は、建築土木科、園芸科、食品科、かな?
そんな感じの専門的な高校で、親が建築業(当時は羽振りがいい職業)をやっている道楽?息子たち(うちの家族に1名卒業生がいます^^;)が幅をきかせ、先生たちが小さくなっているような、、、弱い学生はやめてしまう。。という学校でした。
3年年上の兄の代でも、評判の良くない学校でしたが、行いの悪い生徒は1学期でやめてしまうようでした(兄の話では^^;)
ので、
どんなかなぁ、、、
と思っていましたが、
現在は、方針が変わり、学科が変わり、先生方がとても熱心で、生徒たちも積極的で、明るくて、健康的な^^;学校に変わっていました^^
普通科目の成績が良くなくても、専門的なことが学べるし、個性やセンスを生かせる良い学校でした。

娘が体験学習をしている間、学習の様子の展示をみていたら、一人の学生さんが話しかけてきて、いろいろ教えてくれました。
この学校にきて、本当によかった。といっていました^^

個別相談でも、「病弱児なので、話のわかる先生をお願いします」と(低姿勢で^^;)お願いし、管理職の先生に担当いただき^^;親身に相談にのっていただきました^^

ただ、基本、毎日6時間授業に加えて、通学に今より時間がかかります(結局、朝は車で送り、帰りはバスと電車になるでしょう)
実習は、外での活動が多く、夏は厳しいですねーーー、、

ということで、先日の中学の三者面談のときに、
「やはり、単位制の高校(午前の部・4時間授業・4年間で卒業・希望すれば午後の授業もとれて3年で卒業もできる)を志望します^^」と、担任の先生に伝えました。

ところが、、、
なんと、倍率が、、1.8倍なんだそうです!!!
なんでやねん!

、、、いまは、”いろいろな事情の子”がいるので?ということ???

はぁ。。。

無事に入学しても、全日制とは違う、それこそ”いろいろな子”がいるでしょうから、何か問題が起きたら、私も頑張らなくては!という覚悟はあります。
高校生にもなると、半分大人ですから、人として直接生徒さんと向き合っていかなければです。
難しそうですが、やるっきゃないです。
でも、1日4時間授業ということで、娘と同じような事情のお子さんも多いんじゃない?
お友達できるんじゃない?
と、期待しています^^

とにかく、今月の学校訪問にいって、個別相談でまた(低姿勢で強く要望^^;)管理職を捕まえて^^;
娘を売り込んでくるしかないですね。

今日は、yutoが通い始めた塾にいって、娘の数学の個別指導(冬休み中)の相談をしてきます。




あれ???

えろコメントだとおもって、読まずに4つのコメントを削除しました!
もし、まじめなコメントを消していたらゴメンナサイ!!!
お心当たりの方はまたコメントください、、、申し訳ないです、、、

思考力がおかしな1日

今日は、車の運転でも、とっさの判断ができなかったりが何度もあったり、おかしな感じでした。
午前中に打ち込んだ文章、、、ちゃんとしてるつもりだったのに、今、確認してみたら、なんだかなってない、、、
ちと恥ずかしい、、、

今日ははやく休むとします。

午後から仕事が入ってしまいました!!

昨日ご一緒した先輩が、体調不良で途中で帰られ、今日も出られないとのことで私にまわってきました、、
「19時ごろまでに帰れるなら、、、」と引き受けてしまいました、、

絶対帰ってこなくちゃ!!
リアルタイムで娘と”クローズアップ現代”をみるんだもん!
現在の閲覧者数: