FC2ブログ

小児病棟

無事に成長ホルモンの負荷試験を終えました。

小児病棟のベットをお借りしての検査でした。

お世話になっている病院は最近きれいに建て替えられ、以前のちょっと暗い感じの病院から明るくて近代的な病院に生まれ変わりました。
とても素敵な吹き抜けの中庭をぐるっと囲むように病室やプレールームや談話室?などが配置されていて、
お天気もとてもよかったので
その眺めに、病院もずいぶんと変わったなぁ。と感心してしまいました。

それでも、

それゆえに、小児病棟ですからとても複雑な気持ちになりますね。

一歩足を踏み入れた瞬間から、なんともいえない緊張感に全身の皮膚がピリッとするのを感じていましたが…


明るくきれいな病棟では小・中学生の子たちが 気持ち元気そうに遊んでしました。

うちは検査だけで午後には帰ってしまうので積極的にかかわることはしませんでしたが、
娘のベットの横の廊下で4人の子供たちが携帯ゲームで楽しそうに対戦していたので、私だけちょっぴり交流させていただきました。
「こんにちは」
「こんにちは」

「みんなで同じゲームやってるの?」
「そうです。通信してるから」

「へぇ。今のゲームはすごいのね。一番強いのは誰?」
「ぼく!」
「うそつけー!」
「あはは。でもこっちのふたりが強いよね」
「まあ。そういうことにしておこう」

「女の子チームと男の子チームで対戦しているの?」
「そう!」「ここに線があるから。ねー」
「あらほんと、線があるね^^」

「あのお姉さんはいくつなんですか?」
「うん?高校2年生なの。もう大きいけど治療が長いからまだ小児科なの」
「へぇ。やっぱりそうなんだ。大きそうだなって思ってた」
「今回はね。検査だけだからすぐに帰っちゃうんだ」
「そうなんだ…」


5年前の検査入院の時に強く感じたことだけど
小児病棟に入院中の子供たちは新しく入院してきた子がとても気になるのね
病気の治療かケガの治療か。どんな子なのか。
限られた空間での日常の中で 入院中の子供たちにとっては大きな出来事。

以前の検査入院はまだ古い病棟だったので、廊下の一番奥の病室で目立たぬように一泊入院してます。って感じでした。
入院中の子供たちの何人かとすれ違ったりしたけど、みんな素知らぬ顔なので あまり興味ないのかな。と思っていたのですが…
違ったんですよね。

とつぜん一人の小さな男の子が母の私に近づいてきて聞いてきました
「病気?」
とかって、短い問いかけだったように記憶しています。

私も娘の脳腫瘍の手術から数ヶ月しか経ってなかったので余裕が無かったのね
「ううん。検査だけなの」
なんてなんの配慮もない返事をしてしまって。
そのあとで子供たちの雰囲気ががらっと変わったのを覚えています。

それまでは
みんなとても静かに遊んでいて
一番奥の病室だから同室以外の子は用事は無いはずなんだけど、ちらちらと子供たちを見かけたり
廊下ですれ違ったりしていたのですが
検査入院だと返事をしてから子供たちの姿をみなくなり
それぞれの場所で賑やかになりました。

それで気づいたんです。
みんな素知らぬ顔だけど、意図的に私たちのまわりに来てたんだってこと。
みんなにとっての日常が戻って賑やかになったんだって。

そういうのはなんとなくあるだろうなって思ってはいたのですが、なんというか、実感として体験したというか。
病棟の子供たち、いろいろ抱えているんだよね…

カノ女ちゃんがやって来た!!

昨日、なんと、
yutoのカノ女ちゃんが遊びにやってきました!!!

部活が終わって、学校からうちに直行とのことなので
お昼ごはんをご馳走することになりました

急な話だったので、市販のソースをアレンジしたスパゲッティーミートソースくらいしか出来なかったのですが、ソーセージとフレッシュトマトとバジルとチーズ入りの具たくさんソースで^^

味は上々^^うまく出来上がりました。
が、盛り付けるときに「いったいどれくらいの量にしたらいいのかしら??」と悩みました。

実は、兄のカノ女ちゃんが、、、
ここだけのはなし、とっても大食いなんです(小柄で細いくせに^^;)
どれくらい食べるかと言うと、普通に2~3人前食べます(ほんとです)(娘にとってはストレスです^^;)
うちでも兄より食べます^^;
なので、兄のカノ女ちゃんが来ているときは、大・大盛りを2人分盛り付けてもって行くと、兄の分を少しカノ女ちゃんに分けて、無事に完食して食器が戻ってきます^^;

という経験から、
元気な女の子は良く食べるのかしら?
と思い、大盛りを2人分盛り付けて部屋に持っていったのですが、、、
「多すぎ!!」
とyutoに怒られてしまいました。。
結果、カノ女ちゃんは半分くらいしか食べられなかったようです^^;
普段も小食なんだって。

爽やかな感じのかわいい女の子でした^^

尋常性乾癬 その後

yutoの乾癬 現在

スネの乾癬
3cm×6cm
スネ:お薬が効いて、盛り上がりは無くなりました^^



腿の乾癬
2、8cm×3cm
腿:きれいな色になりました^^

そのほか、腕と足の甲と耳の上とお腹に発症していますが、お薬が良く効くので回復が早いようです。
スネと腿は1年も放置してしまったので治りが遅いようです。

酷暑です。

今年の夏は酷暑ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか

実は娘はのぼせたかどうしたのかわかりませんが、先日、出先から帰って鼻血をだし、それがなかなか止まらず、
そのうち「意識が遠のく~」といって意識不明に
救急のお世話になってしまいました。
腎不全ではなく、脳貧血とのことで、点滴をしてもらい回復して帰って来れました。

鼻血といえば…ワタクシも先日の娘の病気の会のお泊り会で皆さんとお酒を美味しくいただきまして、、
ほどよくお酒がまわってきたところで調子に乗ってちょっと強いお酒に手を出し、、
さすがに効いてしまい、
「これはまずい。酔いを醒まさなければ」と、一人抜け出しお風呂にはいったら、、
ハナジを出し…なかなか止まらずちょっと慌てたりしたことがありました。
のぼせたのでしょうか。
はだかで脳貧血に陥らずよかったです

そして、一昨日は、夕方に突然だんなが熱中症のような症状に なんとかアミノバイタル500ml×2本で回復しましたが、けっこう重症だったようで、昨日は激しい背中の筋肉痛と、首に力が入らないといって首を動かせないほどになり、1日ダウンしていました。
体力はあるほうなので大事に至らずよかったのですが、なかなか危険そうなので、「熱中症かな」とおもったらすぐに病院にかかることをお勧めします
結局、ここ数日の間に水分補給不足だったようでそういうことになったようです。
「自己管理がわるい」 と叱っておきました

皆さんも水分補給に心がけて酷暑を乗りきっていきましょう。





成長ホルモンがスッカラカンになったのか。

ここ数日、娘の体調はグズグズです^^;

とにかく体力が無い。
元気が出ない。

成長ホルモン投与を中止してから4週間が経とうとするころからガックリきたようです。

さすが元気ホルモン!

はやく検査を終えて再開しないとこの状態では学校へ行けません。

もう少し早めに検査予約をすればよかったねぇ

専門学校の体験入学にいってきました。

親子で娘が進路希望している専門学校の体験入学へいってきました。

専門学校は費用もかかりますが、それなりのシステムと設備と講師陣とサービスに感心してきました。

娘は現在、高2ですが、単位制の定時制高校で午前中の4時限のみを選択しているので、卒業に4年かかりますから、進路を決めるのは2年後と言うことになりますが、
社会で活躍できる即戦力を身につける学校ですから、娘には体力的になかなか難しそうです(親の金銭的な体力も^^;)

娘は強い希望があるようなのであと2年でその二つの体力の課題がどうにかなるといいのですが、、、
現実的ではなさそうだなぁ。。。と、感想をもって帰ってきました。

現在の閲覧者数: